新型コロナウィルスが人から猫に感染!! 対処法について解説

新型コロナウィルスが、飼い主から猫に感染する事例

飼い主から猫に新型コロナウイルスが感染する事例がベルギーで起きていたことについて、朝日新聞DIGITALが発表しました。飼い主から犬に感染した事例はありましたが、猫への感染確認は世界初となります。
朝日DIGITAL:飼い主から猫にコロナ感染 ベルギーで初確認

ベルギー当局によると、飼い主から感染した猫は、下痢や嘔吐、呼吸困難の症状が現れ、便を調査した結果、ウィルスが発見されたとのことです(なお、猫の体調は回復してきている模様です)。当局は、飼い主の顔を舐めさせる等の、ペットとの濃厚接触を控えるよう発信しています。
NEW YORK POST:First known cat infected with coronavirus reported in Belgium

また、公益社団法人日本動物病院協会の石田卓夫先生は、感染防止対策として、以下の通り述べられています(記事の関連箇所を抜粋)。

猫にも感染のリスクはあると考えて,外に出さず,家の中においてください.猫のコロナウイルスには,多くの猫が持っている病原性のほぼない猫腸コロナウイルスと,それが突然変異してごく少数の猫に病原性を示す猫伝染性腹膜炎ウイルスがありますが,これらは人間のコロナウイルスとは異なり,猫ではワクチンはありません.猫に人間のコロナウイルスが感染するかどうかについては,SARSコロナウイルス大量を実験的に気管内に接種して感染が起こることが示されていますが,これはあくまでも自然界では起こりえないような実験的な条件であり,その場合も重大な病気は起こらず,すぐに感染から回復するとされています.したがって犬同様に対応してください.

併せて読みたい:記事の全文については、こちらのページをご覧ください。
公益社団法人日本動物病院協会より引用

3月28日時点で、ベルギーのコロナウィルス感染者数は7,697人、日本のコロナウィルスの感染者数は2,198人(クルーズ船含む)と発表されており、東京都では1日に60人前後、新規感染者が確認されています。つまり、いつ私たちが感染してもおかしくない状況です。また、人には症状が出ない場合もあるとのことなので、知らないうちにペットに感染させないよう、濃厚接触は極力避けるようにしたほうが良さそうです。
日本経済新聞:新型コロナウイルス感染 世界マップ

関連記事

PAGE TOP