新型コロナで緊急入院した際に、取り残されたペット @中国

飼い主が新型コロナウィルスに罹患し、緊急入院した際に取り残されたペットが社会問題化 @中国

新型コロナウイルスに罹患したことにより、飼い主が新型コロナウィルスに感染したために、取り残されたペットが、中国で社会問題化しています。現在は、動物保護施設に移すことで対応していますが、武漢市内だけでも対応しなければならない住居が1,000以上存在していることが判明しており、ヒューメーン・ソサエティと連携する中国の保護団体の推計では、湖北省内の集合住宅に取り残された犬や猫は、数万匹にのぼるとのことです。同団体には心配した飼い主から、自分のペットの様子を確認してほしいという依頼が相次いでおり、大連市だけでも400件以上からの問い合わせがあるとのこと。

また、米メディア「TIME」は、動物保護施設のキャパシティー不足という、新たな問題が発生していると発信しました。さらに、北京新天地国際動物医院の創設者である彭蔚芬氏は「動物保護施設は、善意ある人々によって運営されていますが、獣医免許を持っている人がいないため、今の状況に耐え切れるか非常に心配です」と述べています。

上記の通り、取り残されてしまったペットには、大きな試練が与えられてしまうのが現状です。日本でもこのようなことが起こらないよう、新型コロナウィルスの罹患に十分注意して、自分たちのペットを守るようにしましょう🐈

併せて読みたい☕️

志村けんさんが新型コロナ感染で実感した、緊急時のペット委託先準備の必要性

関連記事

PAGE TOP