新型コロナウィルスが増殖しやすいペットは? @中国の研究チーム

猫の体内は、新型コロナウィルスが増殖しやすい環境??

「新型コロナウイルスは、猫・フェレットの呼吸器で増殖しやすく、犬・豚・鶏・アヒルの呼吸器ではほとんど増殖しない」という実験結果を、中国の研究チーム(中国農業科学院のハルビン獣医学研究所)が米科学誌「Science」で発表しました。
Science誌「Susceptibility of ferrets, cats, dogs, and other domesticated animals to SARS–coronavirus 2」

研究チームは、動物を介して感染が広がる可能性を調査するため、人間とふれあう機会の多いペット・家畜に新型コロナウイルスを鼻から投与する実験をしました。その結果、猫・フェレットで、ウイルスが鼻や扁桃等の上気道や肺で増殖することが確認されました。さらに、感染した猫のケージの隣に、未感染の猫のケージを置く実験を行った結果、感染した猫から未感染の猫にウィルスが移ることも確認されました。一方、犬・豚・鶏・アヒルはウイルスを投与しても検出されず、感染しにくいことが判明しました。

WHO(世界保健機関)の専門家は「動物がウィルスを媒介しているとは考えにくいが、感染した人から動物に感染することはあり得る」と述べ、感染拡大とペットの関係性について今後も詳しく調査するとしました。本ホームページでも過去にご紹介した通り、犬・猫への感染はこれまでにも確認されているため、飼い主の皆様はペットに感染をさせないよう、公益社団法人日本動物病院協会が発表している感染予防策をご確認いただいたうえ、できる対策を始めてみてください❗️

併せて読みたい☕️

新型コロナウィルスのペットへの感染と対処法まとめ

関連記事

PAGE TOP