リアニマル??新型コロナでペットが置き去りに @スペイン

スペインで、飼い主が新型コロナウィルスのために緊急入院となり、ペットが家に置き去りにされる事案が多数発生

感染者数が14万人にのぼるスペインでは、飼い主が隔離施設に収容され、ペットが家に置き去りにされる事案が多数発生しています。上記ペットの保護活動は、首都マドリッドのボランティア団体が、無人となった住宅からペットを救出し、飼い主に引き取られるまで保護している状態です。しかし、スペインでは非常事態宣言が4月25日まで延長されることが決まり、基本的に外出が禁止されているため、このような救いの手が差し伸べられるのはあくまでも幸運な場合です。

日本でもスペインのような置き去り事案が発生する可能性があります

私たち日本人が罹患した場合、新型コロナウイルス感染症の無症状者及び軽症者患者は、自宅での安静・療養が原則とされています。しかし、重症者や重症化するおそれが高い者については、入院・隔離を余儀なくされるため、ペットが一時的に置き去りにされる可能性があります。また新型コロナウィルス以外にも、不慮の事故や病気にかかる可能性は従来よりありますので、今回のタイミングで、高齢者世代に限らず、若い世代も、最悪のシナリオ時のペットの預け先について、決めておく必要があります。
厚労省発信文章:新型コロナウイルス感染症患者の自宅での安静・療養について

私たちたまごとコムギの家では、緊急時にご連絡をいただければ、即日でご自宅までお迎えに行き、そのままお預かりするサービスを開始予定です。また告知をさせていただきますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせくださいませ🍀

併せて読みたい☕️

志村けんさんが新型コロナ感染で実感した、緊急時のペット委託先準備の必要性

新型コロナウィルスのペットへの感染と対処法まとめ

関連記事

PAGE TOP